初心者には難易度が高い行政書士!分かりやすいバーチャル講師を活用しよう!

 

行政書士はさまざまな国家資格の中でも難易度が高いことで有名です。特に法律の知識がない初心者の場合、独学で学習を進めると挫折してしまう可能性も高いので注意が必要です。

そこで、おすすめなのがこれからの活躍が期待されている新しい学習方法である「バーチャル講師」です。

今回は行政書士資格の勉強法やバーチャル講師について紹介します。

行政書士は法律の知識がないと難しい資格

行政書士は、名前の通り行政の手続きを専門にする法律家のことです。

行政書士しかできない仕事(独占業務)だけでなく、他の資格で独占されていないものも仕事にできるため業務範囲が広く、人気がある資格の1つです。

ただし、行政書士は法律が関連しているので、あらゆる資格の中でも難易度が高く、法律の知識がない方の場合、取得が厳しいといわれています。

自分に合った勉強方法を見つけるためにも、どのような資格なのか把握しておきましょう。

合格率は10%前後

行政書士資格の合格率は年によって変わりますが、概ね「10%前後」です。合格率が1桁になる年もあるので、難易度は高いといえるでしょう。

ただし、法律の専門家である司法書士や社会保険労務士などの資格などと比較すると、合格率は高いため「簡単ではないものの、超難関といわれるほどではない」といえるでしょう。

行政書士合格に向けた学習の進め方

行政書士の資格取得に向けて勉強をスタートする方は、どのように勉強すれば良いか「勉強方針」をあらかじめ決めておくことが大切です。

例えば、合格に必要な勉強時間の目安を把握しておけば、計画的に学習を進められるでしょう。

ここからは行政書士資格に合格するための、基本的な学習の進め方を紹介します。

勉強時間の目安は600~700時間

勉強時間の目安は人によって異なります。例えば、法学部を卒業した方や法律系の資格を取得している方であれば、500時間ほどの勉強時間で済みます。

法律関連の知識がなく勉強に時間がかかる方は800時間ほどが目安といわれているので、その間を取り600時間~700時間を目安にスケジュールを立てると良いでしょう。

仮に毎日1時間~2時間程勉強したとしても、2年近い歳月がかかるので、自分に適した効率が良い勉強方法を探すことも重要といえるでしょう。

分野ごとに勉強するスケジュールを立てる

行政書士試験の出題内容は以下の通りです。

・憲法
・行政法
・民法
・商法
・基礎法学
・政治・経済・社会
・情報通信・個人情報保護
・文章理解

このように行政書士資格は勉強する分野が幅広いので、各ジャンルを勉強するスケジュールをあらかじめ決めておくことが大切です。

問題を解く量を増やす

行政書士の試験の出題科目・分野は広いだけでなく、1つ1つの科目・分野の内容も多いので、出題範囲はとても広くなります。さらにその内容を正確に理解することが求められます。

選択式ではなく記述式の内容も含まれ、40字程度の文章を作成する能力も求められます。

限られた時間の中で問題を解くためには、内容を正確に理解するだけでなく、素早く問題を解くスキルも必要になるのです。

このことからも行政書士に関する法律の知識を覚えるだけではなく、問題を解く量を増やすことも重要になります。

バーチャル講師とは?

バーチャル講師とは、近年需要が高まりつつあるオンライン学習の新しい方法の1つです。
分かりやすく内容を理解できるなどのメリットがありますが、まだまだ新しい方法であるので内容を把握しておくと、今後の勉強方法を組み立てやすくなるでしょう。

ここからは、そもそもバーチャル講師とはどのようなものなのか紹介します。

フォーサイトのバーチャル講師はこちらからチェック!

バーチャルYouTuber(3Dモデル)が講師をしている

バーチャル講師は、YouTube界で活躍している「バーチャルYouTuber」の講師のことです。「バーチャルYouTuber」とは、3Dモデルのキャラクターを使い、配信者の思い通りに動かしてYouTubeなどの動画配信を行っている人(キャラクター)のことです。

このバーチャルYouTuberは「Vチューバ―」と呼ばれることもあり、配信者本人の顔を出さなくて良い点、変声機(ボイスチェンジャー)を使えば男性でも女性のキャラクターになれる点などもあり、YouTube界で人気を集めています。

この「Vチューバ―」はデザイン次第で可愛らしい女の子のキャラやカッコいいイケメンキャラなど好きなようにキャラメイクができるので、
気軽に配信を行えるようになっています。さらに視聴者側もキャラクターなので、同じ内容だったとしても実際の人間よりも応援しやすい側面もあります。

バーチャル講師の場合、実際の人物が講義を行うよりも馴染みやすいという性質があります。

資格の勉強で挫折してしまいやすい軌道に乗るまでの期間にVチューバーを使うことで、基礎分野の理解を深め、スムーズに学習を進める効果があります。

オンライン学習の新しい形である

「バーチャル講師」とは、名前の通り実際の講師ではなくバーチャル環境(仮想空間)に存在している講師です。

つまり、資格取得向け実際のスクールに通い、直接教えてもらうのではなく、オンライン学習で講義を受けます。

オンライン上の遠隔講義は最近注目を集めており、その中でもバーチャル講師は新しい形なので、オンライン学習の発展系として注目されています。

教育分野から注目されている

バーチャル講師が生まれたのはごく最近で、3人のバーチャル講師がデビューしたのは2020年の8月4日です。

つまり「バーチャル講師」はかなり新しい概念・サービスです。

近年では『エデュケーション(Education)』と『テクノロジー(Technology)』を組み合わせた『Edtech』と呼ばれる技術が注目されています。

このEdtechは、IT技術を教育分野に活かす概念のことです。

このバーチャル講師も『Edtech』の1つであり、近年ではオンライン学習などの技術発展が加速していることから、バーチャル講師の関心も高まっています。

特にバーチャル講師は、通常の講義と同様の学習効果があるだけでなく、勉強への心理的なハードルを下げる効果が期待されています。

このことからも今後、塾・予備・さまざまな教育機関などの教育分野で、バーチャル講師が有効活用されると考えられています。

行政書士講師『白鳥メイ』の特徴

行政書士の担当はバーチャル講師『白鳥メイ(しらとりめい)』が務めています。自己紹介動画では、勉強以外の趣味の紹介もしています。

最近読んだ漫画は「宇宙兄弟」という話もあり、キャラクターに合った趣味でもあるので親近感を持ちやすいでしょう。

従来のオンライン学習と違い、キャラクターであること以外にもピリピリとした緊張感がなく、ゆったりとした雰囲気の話し方が特徴です。

実際の講義も速すぎないペースの話し方なので、今まで講義のスピードが早くて苦労した方にとっては良いスピードで進められるでしょう。

行政書士のことを知ってもらい、楽しく勉強できることを目指しているので、今までと違った学習方法に興味がある方におすすめです。

『白鳥メイ』の動画には「5分で分かる行政書士」という動画を、誰でも視聴できる形式で配信しています。

【配信動画】
・【新人Vtuber】行政書士バーチャル講師の白鳥メイ(しらとりめい)です!
・【5分で分かる】行政書士ってなに?【バーチャル講師】

バーチャル講師を利用するメリット

これから行政書士の勉強をする方であれば、バーチャル講師のメリットを押さえておくと良いでしょう。

メリットを把握すれば、アニメやVチューバ―が好きな方以外の方でも、関心を持ちやすいです。

ここからはバーチャル講師を利用するメリットを紹介します。

プロの声優の声だから聞き取りやすい

バーチャル講師は「プロの声優」が声を務めていることが最大の特徴です。Vチューバーを使うとき必要になるのは3Dモデルと声ですが、特に声の重要度は高いです。

ボイスチェンジャーを使えば好みの声を吹き込むことができますが、一般の方が声を担当した場合、どうしても聞きにくさや不自然さなどの違和感が生じてしまいます。

そこでバーチャル講師の声をプロの声優を務めることで、資格勉強の内容であったとしても分かりやすく、内容を理解しながら進められるので楽しく聞き続けられます。

専任講師が監修した内容なので理解しやすい

プロの声優が読み上げる講義の内容は、専任の講師が監修した内容になっているので学習効果は高いです。

「学習のプロ」が作った教材を元にした台本を「話し手のプロ」である声優が務めるので、学習内容を理解しやすく、聞きやすい声なので学習を始めるハードルが低くなります。

このようにバーチャル講師は独学で学習を進めて途中で挫折した方や、難易度が高い行政書士資格の勉強に不安を感じている方におすすめです。

基礎の内容や重要なポイントをしっかり理解できるので、その後の学習をスムーズに進められます。

講義は追加費用なしで利用できる

バーチャル講師による講義は、対象の講義に申し込むだけで受けることができます。

現在では、バーチャル講師専用の講義があるわけではなく、通常の講義とセットになります。

バーチャル講師の講義を受けるための追加費用は不要なので、興味がない方は今まで通りの講義を受けられ、バーチャル講師に興味がある方はお得に講義を受けられる仕組みです。

今までの勉強方法に不安を感じている方や、独学で進めている参考書などが分かりにくくて困っている方などであれば、基本ポイントを分かりやすく理解できるのでバーチャル講師を使ってみると良いでしょう。

バーチャル講師を使い効率良く学習を進めよう!

行政書士の資格は取得難易度が高く、出題範囲が広いので必要な勉強時間は膨大になります。

自身が合格する可能性を少しでも高くするためには、どのように勉強するか方針を決め、自分に合った方法で勉強することが大切です。

バーチャル講師は馴染みやすく学習を始めるハードルが低いのが特徴です。また、バーチャル講師の声は聞きやすく、内容も分かりやすいので効率勉強を進められるでしょう。

アニメやVチューバ―が好きな方はもちろん、学習を進めることに不安を感じている方は是非どのようなものか見てみてください。

今では無料で14日間試せるトライアルもあるので、活用してみると良いでしょう。

【トライアル】
eラーニング無料試用版申し込み