行政書士のリアルな仕事内容
その1 ぶっちゃけ、ママの年収は?

仕事の報酬は意外と高額! 稼げないことはない!

行政書士は、いろいろある士業の中でも稼げない資格だと言われているようです。
年収は400~500万円が平均だとか、ほとんどの人が年収300万円以下だとか……。
実際のところはどうなのでしょうか?

以前行われた、全国の行政書士登録者に対するアンケートによると、およそ600万円というのが年収の平均なのだそうです。
その数字を見て、誰もが行政書士になれば年収600万円稼げるかといえば、必ずしも そうではないことはお分かりになるでしょう。
数字はあくまでも平均値であって、実際はその数字よりもはるかに少ない方もいらっしゃれば、逆に数千万円の高額の年収を得ている方もたくさんいらっしゃるのです。

一口に行政書士登録者といっても、登録して日の浅い新米さんや、私のように自宅で開業している主婦書士さんも多いですし、小遣い稼ぎに週末だけ起業している、という書士さんもよく見かけます。
その方の働き方によって、年収もさまざま。当たり前といえば当たり前ですね。

ただ、ひとつ知っていただきたいのは、行政書士の仕事に対する報酬は意外に高額だということ。
行政書士の報酬というのは、それぞれの書士さんが自由に決めて営業することができます。
たとえば、風俗営業の許可申請は1回で10万円から30万円前後、飲食店の営業許可申請でも5万から10万円の報酬が相場です。
これはあくまでも平均で、書士さんによって差はあるかと思いますが、 想像以上に高額なことに驚かれる方もいるかもしれませんね。
このことから考えても、ある程度コンスタントに仕事の依頼が来るようになれば、 行政書士になったのに食べていけない…、ということはないはずです。

ちなみに私の年収は400万円から500万円の間くらい。
主婦が自宅で開業して稼ぐ額としては、十分なのではないでしょうか。



サイト集