重要なのは「仕事をとること」

実務未経験でも充分やれる!?

私自身がママ行政書士として仕事を始める際、周囲から言われたことは
「実務経験もないのに、大丈夫なの?」
「未経験者に仕事なんて本当に来るの?」
等々、それはそれはひどいものでした。
行政書士としての仕事が少しずつ軌道に乗り始めている今だからこそ笑って振り返ることが出来ますが、やはり行政書士として開業した当初は「実務未経験」であることは自分自身の中でもかなりネックになっていましたね。自信が持てないせいで、何となく営業に関しても保守的になっていました。

行政書士として未経験からスタートして何とか形になりつつある今、はっきりと言えることは「実務未経験だって充分やれる」ということです。
もちろん、経験がある方に比べたら頼りないですし、実際の仕事ぶりにも劣る部分はあるでしょう。だからと言って、経験がないことを嘆いていたって何も始まりませんし、そもそも未経験者NGなのであれば今後も新しいことには何も取り組めないことになってしまいます。
経験がないのであればないなりに、お受けした仕事に対しては誠実に、そして丁寧にこなしていけるよう、努めれば良いだけです。
こうした積み重ねが経験値となり、やがては自信につながっていくもの。怖がっていてはいけません。

行政書士として仕事を始めるにあたり、まず頑張るべきなのは「仕事を取ること」です。仕事が発生しないうちから実務本を読み漁るよりも、仕事が発生してから都度、必死になって覚える方が断然効率が良いと思います。なので、未経験者が開業した際には、当面は「営業>知識のインプット」となるのが普通。
怖がらずに、積極的に“行政書士としての自分”をアピールしていくのが得策です。
経験がない状態で仕事を取るのはなかなか難しいことですが、少なくとも試験に合格できたことを自信にして、堂々と頑張っていただきたいと思います。



サイト集