行政書士になってからの就職の可能性

行政書士は就職に有利!?

行政書士試験に関心を持つ人が増えているのか、行政書士だと名乗ると質問を受けることがあります。

たとえば「行政書士になったら、就職はできますか?」なんて質問も、たまに浴びされるような気がします。

進路で迷っている人はやはり多いようですね。そんなときに行政書士という資格を目にしたら、「いいところに就職できる資格なのかしら?」なんて疑問を持つのかもしれませんね。

ただ、行政書士は就職に向いた資格ではないですね。行政書士は、開業して働くための資格だと考えてください。行政書士の資格を持ってどこかの大企業の社員になるようなことは、あまり想像できません

あえて書くなら、企業の法務部のようなところへの就職だったらありうるかもしれませんね。ですが、かなり珍しい出来事だと思ったほうがいいでしょうね。求人だってあまり多くないでしょう。

行政書士は、企業の一正社員で終わるような人生には、もったいない資格だと考えたほうが妥当ではないでしょうか。少なくとも私はそう実感しています。まあ、合格してすぐに開業しなくてもいいかもしれませんが。しばらくの間どこかの社員として引き続き働きながら、開業の準備を進めるのはありだと思いますが、行政書士に受かったら開業を志すのが正しい考え方だと感じます。

※ちなみに、行政書士法では実は副業的な活動方法に関する縛りがないのだそうです。 私もよく知らなかったのですが、最近知り合った同業者の中に、社員としての立場は残したままサブの収入として行政書士の活動を選んでいる方がいました。



サイト集