行政書士になってから選べる求人の中身

行政書士の求人情報は!?

行政書士は、開業するためにある資格。求人誌や求人サイトに、行政書士の求人が掲載されることはおそらくめったにないでしょう。ハローワークだって、それはおそらく同じです。

では、行政書士に合格した人を狙った求人が出ることがあるなら? それは普通の企業というよりも、事務所関係ではないでしょうか。

大きな法律事務所で、いろいろな士業の資格保持者が在籍しているとこであるとか、人を雇える規模に成長した行政書士法人であるとか、そのような事例だったらあり得る話かと思います。

実際に、そのようなところへの就職を熱望する行政書士合格者はけっこういるようですね。私が受かったばかりのころにも、周囲に少しいましたし。まあ、求人が出る可能性があっても、かなり少ないはずですが。

事務所が出す求人は、新米行政書士にとっては居場所を決めるという意味や収入を確保する意味以外にも、有意義ですよね? 何しろ、実際の仕事を学ぶ機会としてこれ以上のものはありません。特に行政書士法人なら、一人前の行政書士の仕事を見せてもらえます

しかし、その求人が少ないことは書いた通りです。それでも事務所に入りたいなら、求人を見つけるまでにかなりの時間がかかることは覚悟したほうがいいでしょう。しばらくの間、貯金やアルバイトなんかで食いつなぐことも視野に入れたほうがよさそうです。

※そのほかに行政書士の求人といえば? 学びの場だったらありそうですね。もっとも、いわゆる正規雇用という立場ではなくて、委託のような形式が多そうな事例です。

それは専門学校や資格の学校なんかの、講師のお仕事ですね。

小中学校の先生というと薄給のイメージがありそうですが、それを除くと人に教える仕事は、総じて賃金体系が良好です。行政書士講座の講師のお仕事も、時給にすると数千円単位になります。数年前から「安くなった」という噂がありますが、それでも2000円近くにはなるのではないでしょうか?

私が研修会で知り合った中にも、その仕事をやっている人が何人かいました。講師の求人は、あくまでもアルバイト感覚のお仕事になるでしょうが、臨時の収入を得るという意味ではなかなかおすすめです。開業したばかりの人たちにとっては、ありがたい収入になる確率が高いのだとか。



サイト集