行政書士の試験と公務員試験の意外な関係

公務員試験との意外な接点?

行政書士の仕事は、いろいろな書類を作成することが中心です。数万円が相場の書類から数十万円の書類まで、その報酬の相場はバラバラです。そのへんも、行政書士の魅力のひとつでしょうね。

1件で10万円になる書類の依頼を受けることで、兼業主婦としてパート感覚で月に少しだけ働いて、あとは家事育児に専念している人も珍しくないくらいです。

そのあたりの特性を利用した人を最近多めに見かけるようになったのですが、中には公務員合格を目指している行政書士合格者がいることに気づきました。

これはかなり意外でしたが、公務員の仕事も幅が広いですね。そういえば、長期的に働いてきた公務員は、行政書士になる資格を認められることがあります。ようするに、一部の公務員の仕事は行政書士のそれとけっこう類似しているわけですね。それに、一部の公務員試験の内容は行政書士とけっこう共通しているとのことです。

公務員試験への合格はなかなかたいへんですが、受験可能な年齢はわりと高めに設定されていますね(民間企業での社会人経験がある公務員だってあちこちにいるくらいです)。その点に気付いて、行政書士試験を公務員試験の前段階に置いている人が、いるところにはいるようですね。

行政書士の試験合格を目指すことで、公務員試験の合格に弾みをつけようということですね。それに(登録でけっこうコストがかかりますが)しばらくの間行政書士として活動して、収入を増やすことも不可能ではないでしょう。行政書士なら、限られた範囲で働くだけでも月に数万円から数十万円の報酬を受けることだってできますから。

このように、行政書士試験の勉強をすることや受かることは、公務員を志望する方々にとって色々なご利益がある模様です。この事実は、いろいろな方にとって参考になるのではないでしょうか。



サイト集