完璧主義はNG、“ほどほど”を心がけること

合格に必要な学習のコツ

前ページでご紹介した「やり過ぎないこと」については、行政書士試験対策上、最も大切な心構えであると思います。
そして、こうした姿勢は単なる精神論にとどまらず、実際に学習を進めていく上でも学習法のキモとなるポイントであるとも言えます。

すでにご紹介した通り、行政書士試験においては膨大な試験範囲の中から「本当に必要な事項をおさえる」ことが必須です。
すべてを完璧に網羅しようとすれば、それは不可能なこと。
試験範囲に課せられている以上、ちゃんと覚えないと気持ちが悪いという方もいらっしゃるでしょうが、細かな事柄にまで深追いしようとすれば、勉強は辛くなる一方です。

「覚えられない→でもまだまだ勉強しなきゃ→大変→無理→勉強したくない」、この悪循環にはまってしまうと、途端にモチベーションが下がり、前向きに合格を狙うこと等できなくなってしまうでしょう。
これでは本末転倒。
試験は100%完璧でなくとも、60%の正答で良いのですから、そもそも完璧を目指すこと自体ナンセンスであると言えます。
つまり、行政書士試験対策において、完璧主義はまず捨てさるべきなんですね。

それでは、行政書士試験合格のためにはどのように学習に取り組んでいくのが得策なのかといえば、その答えは「ほどほど学習」にあると言えます。
完璧でなくても良いんです。
本試験では60%正答できれば合格なのですから、試験対策上、20%の奇問難問対策はひとまず置いて、せいぜい全範囲の80%ほどを対策でカバーするイメージが最も適切なのではないかなと思います。
加えて、上記80%の中でも特に出題頻度の高い順から覚えていければ、学習を効率良く得点に結びつけることができるのではないでしょうか。もっとも、それがなかなか難しいのですが・・・。

完璧を求めないことで、学習はぐんと楽に、そして効率良く進むようになります。
「行政書士試験対策は大変・・・」と頭を悩ませている方は、ぜひ発想を転換し、より前向きに学習に取り組めるように工夫されてみて下さい。



サイト集