女性が行政書士で開業すること

 

どんな人でも挑戦できる行政書士

行政書士という職業は、どんな人にも門戸が均等に開かれている点が、何よりも特筆すべき特徴ではないでしょうか?
受験するときに条件がないという意味では、性別ももちろん例外ではありません。

依然として女性の受験者数は男性に比べて差がありますが、もちろん女性であっても基本的に不利な立場に立たされることはありません。

もともとこの仕事はデスクワークが中心であって、筋力やスタミナが必要な仕事ではなく、女性が男性に伍してこなせて当然なのです。

つまり、女性だからと言って特に気を付けたほうがいいこともほとんどありません。
あえて付け加えることがあるとすれば、以下のようなものがあるでしょう。

依頼人が、何らかの理由で男性に頼みたいと考える場合

これは悪く言えば、先入観や偏見に支配された考え方だと定義してしまうこともできそうですが、そんな単純に決めてかかれるものでもありません。

たとえば、行政書士の世界をよく知らない依頼者が、風営法関係のような書類の作成依頼を出すときの「なんとなく女性には恥ずかしくて話しづらい」といった先入観を抱いてしまうことはあるでしょう。

 しかし、実際にはそのような業務を専門分野にしている女性行政書士もザラにいる時代です。 

あまり気にせずどんどん集客や業務開拓に精進してしまったほうがいいでしょう。

しかし逆に、女性であるがゆえに得をすることもありますね。
たとえば「離婚関係の書類作成を頼みたい女性が、女性行政書士を熱望する」なんてこともよく起きているのです。

主婦の場合の注意点

主婦であっても行政書士という仕事は十分にやっていけますし、また主婦というほどではなくても、 「子供が小さい間は家庭を優先しながら仕事をする」 といったやり方で成功している例も多いです。

ただし、依頼人に誤解されないようにすることは大事でしょう。

自宅開業者にも共通する悩みですが、依頼人の前で家庭や自宅の気配をつい漂わせてしまうと、「主婦が家事や育児のついでに、仕事をやっている」といった一方的な誤解をされてしまう恐れがあることは否定できません。

さりげなくで構いませんが「仕事に関しては、引き受けたらあくまでもきっちりと遂行する方針です」というアピールをすることも、往々にして必要になる可能性はあります。