行政書士試験突破に欠かせないオンライン教材!おすすめeラーニング講座3選

 

行政書士の勉強には、数百時間の勉強時間が必要といわれています。時間のある学生や、仕事をしていない方はある程度時間の確保も可能かと思いますが、仕事をしながら勉強をするとなると、数百時間の勉強時間を確保するのはなかなか大変です。そこで有効に活用したいのがスキマ時間。スキマ時間を有効利用できるeラーニングを上手に利用して行政書士試験の勉強を進めましょう。

eラーニングとは?

eラーニングとは、スマホやタブレットを使うようにした勉強法全般のことを指します。自宅はもちろん、外出先などでもオンラインで学習できるシステムと考えれば間違いないでしょう。

自宅で机に向かっている時間以外にも勉強ができますので、日常の生活で発生するスキマ時間も有効に活用しながら学習ができるのがeラーニングの特長です。

eラーニングのメリット

eラーニング最大のメリットは、場所や時間を選ばず、どこでも勉強ができるということです。社会人の方であれば毎日の通勤時間や、仕事中の休憩時間など、ちょっとした時間も勉強時間に充てることができますので、より多くの勉強時間を確保することができます。

社会人の方が、仕事をしながら行政書士資格を目指す場合、もっとも問題になるのが勉強時間の確保です。行政書士試験に合格するために必要な勉強時間は、個人差はあるものの概ね500時間以上といわれています。

1年間で500時間以上の勉強時間を確保するとなると、毎日最低1時間、できれば2時間は勉強時間に充てたいところですが、実際に仕事をしながらこれだけの時間を勉強に割くのは簡単ではありません。

仮に通勤時間の片道20分、仕事の休憩時間で20分のeラーニングが可能であれば、仕事をしながら毎日1時間の勉強時間を確保できます。長い目で見ればこれは大きなメリットとなります。

もうひとつのメリットがよりマイペースな勉強が可能になるという点です。仮にeラーニングなしで、行政書士試験の講座を開講している予備校に通うのみの勉強法の場合、予備校の授業時間が中心の生活となります。仕事の都合もプライベートの用事も、すべては予備校の授業時間を念頭に置いて決める必要があります。

しかし、いつでもどこでも学習できるeラーニングを採用していれば、急な仕事やプライベートを優先しながらマイペースで学習ができますので、学習計画が立てやすくなります。

オンラインを利用して学習できるeラーニングは、現代の資格取得を目指した勉強法としては、非常に大きな役割を果たしているといえるでしょう。

eラーニングのデメリット

eラーニングのデメリットとしては、勉強をする際の電波状況やデータ通信量の問題があります。何より電波状況が悪い場所では、オンライン学習は難しくなります。電波が全くない状況はもちろん、あまり芳しくないという状況でも、動画が止まったり、音声が途切れ途切れになると、勉強がしづらくなります。

また、毎日スキマ時間でデータ通信を重ねていると、気になるのがデータ通信量です。携帯電話の契約の中には、データ通信量に上限が定められており、それを超えると超低速通信に切り替わってしまうプランもあり、こういった上限付きプランを利用している方も多いでしょう。そういった方にとってはデータ通信量は大きな問題となります。

ほかにもeラーニングはあくまでも独学であるという点もデメリットといえます。独学の場合、モチベーションの維持が難しく、勉強を続けるのが難しいという問題です。

eラーニングができる通信講座

ある程度デメリットはあるものの、メリットも大きいeラーニング。このeラーニングを提供している予備校、通信講座は少なくありません。

そんな予備校や通信講座の中から、特にeラーニングに力を入れている通信講座を3つ紹介しましょう。それぞれ特徴がありますので、ご自身のライフスタイル、勉強法のイメージに近い講座をみつけましょう。

フォーサイト

通信講座のフォーサイトは、自宅でじっくり勉強できる通信講座とeラーニングの双方をバランスよく利用できるハイブリッドタイプの通信講座です。自宅で学習するための教材は印刷物として提供されますが、こうした印刷物以外にも、オンラインで活用できる教材が充実している通信講座になります。

フォーサイトのeラーニングは「ManaBun」というシステムに集約されており、スマホやタブレットでの学習をサポートするさまざまな機能があります。

eラーニングにおいて重要となる「動画の見やすさ・聞きやすさ」という点には配慮が見られ、一般的な講義の様子を動画に収めるのではなく、専用のスタジオで収録された授業映像が提供されます。スマホを利用したeラーニングの場合、どうしても画面が小さくなります。小さな画面でも見やすい板書、通勤電車などでも聞き取りやすい音声を意識したつくりとなっており、非常に使いやすいのが特徴です。

オンラインテキストに関しても、オンライン動画に合わせた簡単なものではなく、印刷物として配布されたテキストと同様のものがオンライン上に存在していますので、eラーニングでもしっかりと学習することができます。

ほかにも学習スケジュールを立てる機能や、スマホで簡単に解答できる演習問題などのアウトプットも充実しているため、いろいろな勉強法に対応できるのメリットがあります。

さらにManaBunの大きな特長としては、オンラインテキストも、講義動画もダウンロードが可能ということです。自宅などWi-fi環境の整っているところで事前にダウンロードしておけば、電波状況の悪いところでも視聴可能ですし、データ通信量を心配する必要もありません。

多くの状況で、より高度な勉強が可能なeラーニングを提供する通信講座としては、一番おすすめできるのがフォーサイトになります。

クレアール

通信講座とeラーニングの双方に対応したハイブリッドタイプとしてはクレアールも注目すべき講座です。クレアールもeラーニングに力を入れている通信講座であり、講義動画は専用スタジオで収録したものとなります。

1回30分ほどの単元に分かれており、授業を受け、確認テストを受け、そのテストの解説を受けながら学習を進めていきますので、学習効率は高く、順調に実力を上げていくには最適の講座といえるでしょう。

スタディング

スタディングはeラーニングに特化した通信講座になります、そのため、授業動画は見やすく、聞き取りやすく撮影されています。また、スキマ時間を意識した短い時間の授業動画になっており、少しの時間でも学習できるようになっています。

eラーニング特化タイプですので、オンライン上で演習問題なども用意されており、すべてeラーニングで完結できるのも魅力です。

eラーニングという点では非常に好印象な通信講座ですが、机に向かってじっくり勉強するということを考えると、少々物足りない部分もあるかもしれません。

eラーニングの注意点

eラーニングを活用し、毎日のスキマ時間を勉強時間として活用する予定の方は、まず普段の行動範囲におけるインターネット環境をきっちりチェックしておきましょう。行動範囲のすべてでインターネット環境が整っており、できれば無料Wi-fiなども利用できるような環境であることがベストです。

しかし、この条件を満たしていても、データ通信量の問題は残ります。できれば自身のスマホの契約プランを確認し、データ通信量の上限を確認しておきましょう。通信量の上限に不安のある方は上限の高いプランに変えてもいいでしょう。または、データ通信量がオーバーした場合、追加料金で通信量を購入できるのであれば、その価格も確認しておくといいでしょう。

eラーニングにおいてモチベーションの維持も大きな問題です。独学による学習は、たとえサボっても怒られることはありませんので、一度サボってしまうとサボり癖がついてしまうものです。そうならないような工夫は、自分で考えるしかありません。なんとかモチベーションを維持する方法も考えておきましょう。

確かにeラーニングという勉強法は、スキマ時間も活用できる便利な勉強法です。しかしeラーニングだけで行政書士試験に挑むのはなかなか難しいところがあるかと思います。できれば自宅での学習をベースとし、さらにeラーニングも活用できるという状況を作った方が勉強効率は高くなりますので覚えておきましょう。

オンライン教材を使ってスキマ時間を有効活用!

行政書士の試験に合格するには、少なくとも500時間、最大1,000時間の勉強時間を確保する必要があります。仕事をしている社会人の方にとって、これだけの勉強時間を確保するのは非常に難しい問題です。

こういった方は、毎日の通勤時間や仕事中の休憩時間など、ちょっとしたスキマ時間も有効に活用していくことが重要です。こうしたスキマ時間を上手に利用できるのが、スマホやタブレットなどを使い、オンラインで学習できるeラーニングです。

このeラーニングは上手に活用するのがポイントであり、基本的には自宅などでしっかり机に向かって勉強をし、さらにeラーニングで捕捉するイメージでの活用がおすすめです。基本的には自身のライフスタイルや、勉強法のイメージに合った通信講座を選ぶのがポイントですが、おすすめはフォーサイトの通信講座です。

フォーサイトのeラーニングは、オンライン教材がすべてダウンロードが可能となっており、データ通信量や電波状況を気にせず学習に集中できます。また、モチベーション維持の一環として、定期的にライブ授業の配信も行っており、授業に参加すれば講師への直接の質問も可能。

スキマ時間を有効に活用しながら、eラーニングのデメリットに関してもしっかりと対応しているフォーサイトなら、より効率的に学ぶことができるはずです。