行政書士に合格するために必要な勉強時間は?おすすめの勉強法も紹介!

 

行政書士の資格を取得するには、国家試験に合格する必要があります。そのためには当然勉強をする必要がありますが、どの程度の勉強時間を確保すればいいのでしょうか?

もちろん勉強時間は個人差がありますが、およそ200~1000時間の時間が必要といわれています。幅が広いのは勉強方法により勉強時間が変わるから。
そこで勉強方法の種類や、勉強時間、おすすめの勉強方法などをご紹介しましょう。

行政書士試験について

まずは行政書士試験に関して簡単に触れておきたいと思います。行政書士試験は毎年11月に実施され、年1回となっています。出題範囲は法令問題と一般知識問題。配点の大部分は法令問題となりますが、一般知識問題もある程度得点を取らないと合格とはなりません。

法律に関する知識など、出題範囲の広い国家資格の中には、「科目別合格」という制度を用いている資格もあります。これは、ある科目のみでも合格点に達していれば、以降数年間、その科目は合格とみなし、ほかの科目で合格点を取ればいいという制度です。

しかし、行政書士試験にはこの科目別合格の制度は採用されておらず、1度の試験ですべての科目で合格点を取る必要があります。ここが行政書士試験の難しいところで、行政書士試験を目指して勉強をする以上、出題科目全体を並行して勉強する必要があるわけです。

行政書士試験合格までに必要な勉強時間

では、実際に行政書士試験に合格するには、どの程度の勉強時間を確保するといいのでしょうか?これは、その人個人の知識量や、勉強法で大きく違いが出てきます。勉強法は主に3種類。
行政書士試験対策を行っている予備校に通学するか、通信講座を受講するか、独学で勉強するかです。

「行政書士の資格は独学でも取れる」と謳っているサイト記事は少なくありません。確かに取得が不可能とは言いませんが、かなり厳しいのは間違いありません。独学で行政書士試験に合格できるのは、大学で法学部など法律の勉強をした方や、以前に行政書士試験を受けたことがある方、または法律の知識を問われる資格をすでに所有している方に限られるでしょう。

これに該当しない方は、予備校なり通信講座なりを利用するのが一般的であり、最善の道と行っていいでしょう。

勉強方法で時間も変わる

個人の知識量でも勉強時間は変わりますが、それ以上に影響が強いのが勉強法による違いです。

まず行政書士試験対策をしている予備校に通学した場合。いろいろな予備校の授業時間を見てみると、合計200~300時間という予備校が多いようです。とはいえ、予備校に通ったらこの勉強時間で試験に合格できるかといえばそうではありません。

予備校の授業を受けても、自宅での予習・復習は必要になります。さらに言えば予備校に通うということは通学時間も必要になるということです。片道30分で60回授業に出席すれば、それだけ60時間必要ということになります。

予備校に通学する場合は、授業時間の1.5倍で300~450時間は勉強時間を確保しておきたいところです。

通信講座の場合は通学時間を加味する必要はありません。しかし勉強自体は独学で行うため、予備校の授業を受けるほどスムーズにはいかない場合がほとんどでしょう。通信講座を利用して行政書士試験に挑むなら、400~600時間は勉強時間を確保したいところです。

最後に独学ですが、これは非常に難しいです。まず自分で参考書や問題集を厳選する必要があります。さらに厳選したら自分で勉強計画を立てます。予備校や通信講座の場合、テキストのs伊久弥カリキュラムの構成はすべて任せることができますが、独学の場合はここから始める必要があります。

そう考えると予備校の授業時間の3倍、600~900時間は勉強時間を確保したいところ。法律の知識もないとういう初学者であれば、およそ1,000時間は勉強時間が欲しいところです。

ほかの資格との勉強時間比較

では、行政書士試験はどのくらいの難易度になるのでしょう?ほかの国家資格と必要な勉強時間を比較してみましょう。もちろんほかに資格でも個人の知識量などで勉強時間には差が出ますので、資格専門予備校などの授業時間をベースに検証してみたいと思います。

資格勉強時間
行政書士200~300時間
宅地建物取引士100~200時間
司法試験3000時間以上
中小企業診断士1000~1200時間

複数の資格専門予備校のカリキュラムを確認したところ、上の表のような勉強時間が必要かと思われます。

不動産業界で働く人にとってはほぼ必須資格ともいわれている宅建士の資格が比較的取りやすく、近年中高年を中心に人気が高まっている中小企業診断士の資格よりは簡単であるというところでしょうか。

国家資格の中でも最難関といわれる司法試験と比較すればずいぶん取得しやすい資格であることがわかります。

行政書士試験対策の勉強方法

上の表でもわかるように、数々の有名国家資格の中では、比較的難易度が低い行政書士資格。だからといって誰でも簡単に取得できる資格ではありません。

独学で受験しようとすれば、1,000時間の勉強時間の確保が必要な資格。1年365日ですから1日平均3時間は勉強しなければいけません。フリーターや学生であれば捻出できる時間かもしれませんが、すでに仕事をしている社会人の方にとって、1日3時間勉強時間を確保するのは至難の業です。

やはり予備校か通信講座の受講を考えるのが一般的でしょう。

予備校通学

予備校への通学は、「学習する」と考えた場合、もっともよい環境を作り出すことができます。テキストは予備校が制作した、行政8書士試験に特化したものがありますし、行政書士試験に精通した講師陣の授業を受けることができます。

さらに通学が必要にはなりますが、通学する以上勉強するしかない環境になるでしょう。周囲にはライバルとなる仲間がいて、分からない部分はすぐに講師に聞きに行ける。学習環境としては最善です。

しかし、やはり気になるのは通学について。行政書士試験の講座を開設している予備校は、全国くまなくあるわけではありません。まず自身が通える範囲に予備校があることが条件となります。さらに通学に必要な時間もありますし、仕事をしている方は、急な残業や接待などが入れば、通学できないケースも考えられます。

もう一つ考えたいのがコスト面です。多くの予備校が開設している行政書士コースは、学費の相場20万円前後と決して安いものではありません。

これだけの費用をかけて、ある程度の通学時間もかけているのに、仕事の都合で通えなくなる可能性があるのでは、リスキーな選択となるかもしれませんので注意しましょう。

通信講座受講

通学範囲に行政書士講座を開設している予備校がない方、独学では不安な方は通信講座を受講するのがおすすめです。通信講座は予備校のように授業の時間や曜日が決められていませんので、自身のペースに合わせた学習が可能です。

通学県内に予備校があっても、仕事の都合で定期的な通学が難しい方でも、通信講座であれば上手に時間を使って勉強をすることができます。

テキストや講師陣に関しては予備校と比較してもそん色ありません。行政書士試験に精通した講師陣が、行政書士試験に必要な科目をしっかりとサポートしてくれますので、組まれたカリキュラムを中心に勉強を進めていきましょう。

通信講座を受講する場合の最大のポイントはモチベーションの管理です。基本的に学習場所は自宅。独学と同様にひとりで勉強を続けることになりますので、どうしてもモチベーションが落ちやすい環境になります。

通信講座を利用する場合は、モチベーション維持の方法を自身でもいろいろと用意して受講するといいでしょう。

独学

独学に関しては最初に解説した通りです。1日3時間の勉強時間を確保することは、社会人にとって非常に難しいことです。仕事が終わり、19時に家に帰ったとして、0時には寝ると想定すれば、自由な時間は5時間です。この5時間で食事を摂り、お風呂に入り、必要であれば洗濯や掃除を行うことを考えれば、この5時間から3時間を捻出するのは容易ではありません。

週末を利用するとしても、1週間で20時間ほどの勉強時間を確保するのは難しく、独学で行政書士を目指せるのは、ある程度法律知識があるなど限られた方、もしくは2年3年と時間をかけて取得を目指す方でしょう。

独学におけるメリットはコスト面でしょう。参考書代、問題集代、そして模試代がかかる程度で、ほかに予算を割く必要がありません。ただし、独学で複数年かかってしまうようですと、コスト面のメリットも少なくなります。

行政書士試験では法律に関する問題が多数出題されますが、その法律は改正を繰り返すもの。同じ参考書を何円も続けて使うわけにはいかず、毎年買い替えることになります。3年独学で勉強するのであれば、1年通信講座を利用した方がコスト面でもお得になるケースがありますのでご注意ください。

行政書士試験を受けるなら通信講座フォーサイトがおすすめ!

行政書士試験合格を目指すのであれば、やはり予備校への通学、もしくは通信講座を利用するのがおすすめとなります。予備校は通学ができるかどうか、通信講座はモチベーションの維持ができるかどうかが問題となるでしょう。通学に関しては自力ではどうにもできませんが、モチベーションは自身の心がけひとつです。おすすめはやはり通信講座となります。

通信講座の中では、長年行政書士試験対策で実績を出し続けるフォーサイトの通信講座が断然おすすめです。

通信講座の中には、テキストと講義動画を収録したDVDを送ってきて、あとはご自分でどうぞという講座もある中、フォーサイトの講座は自宅での勉強からスキマ時間を活用した勉強法まで、しっかりとサポートしてくれるシステムが構築されています。

スマホなどを利用したeラーニングにおいては、外出先でのスキマ時間を活用した勉強法をサポートするため、最長15分という短時間の講義動画を提供。通勤電車の中でも十分学習可能なため、単なる移動時間であったはずの通勤時間が勉強時間と変わります。

通信講座で大きな問題となるモチベーション管理ですが、フォーサイトでは定期的にライブ授業を配信しています。ライブ授業では多くの仲間とともに講師の生の授業に参加でき、さらに講師に直接質問することも可能。

通信講座のデメリットを徹底排除し、予備校以上にしっかりとした合格カリキュラムで学べる通信講座はフォーサイトのみ。しかも受講料金は予備校と比較してもはるかに安く抑えることができます。

本気で行政書士を目指すなら、日常のスキマ時間さえも、効率的な勉強時間に変えてくれるフォーサイトで勉強するしかありません。まずは資料請求からお待ちしております。